渡辺つよしと白岡をやさしく暮らせる街にする


ゆるキャラ

白岡市には、ご存じのとおり、梨のことならなんでも知っているという「なしべえ・なしりん」というキャラクターが前々からいるのですが、2015年からは「シラオ仮面」という新しいキャラクターが加わっています。

 

悪の組織とは戦わず、市内の清掃や介護施設のお手伝い、通学路の見張り等を行ってくれているそうです(Wikipediaより)。

 

YouTubeにも、小学生と一緒にダンスを踊る動画などがアップされているので、実物にお目にかからなくても、ほとんどの人が見知っているかと思います。

 

そのシラオ仮面を、私は今年の白岡マラソンで見かけました。いつから来ていたのかはわかりませんが、私が見たのは、会もだいぶ進み、走者もあらかた戻ってきたころだったと思います。

 

そのとき思ったのです。「シラオ仮面が走ってくれていたらなぁ」と。

もちろん、小学生なんかは、ただシラオ仮面と一緒に走れるだけで嬉しいでしょうし(もしかすると実際走っていたのかもしれませんが)、一般の部でも、「今年はシラオ仮面より早く走れた!!」といった、タイムとは違うバロメーターにもなりえるわけですが、私が考えていたのは、もっと別のことです。

 

私は自分が走り終えたあと、別の部で走っている人たちに向けて沿道から声援を送っていたのですが、さまざまな人たちが走っていました。

消防関係や介護施設の人たち、かなりの高齢にもかかわらず足を前に出し続けるご老人、そして何かしらの障害を抱えながらも頑張っている人と、それをサポートする人…。

 

勝手な言い分ですが、そこに、「シラオ仮面がいたらなぁ」と思ってしまったのです。真っ白なコスチュームが泥に汚れ、「中の人」のかいた汗が首元や胸に染み出し、荒い呼吸で走っている、シラオ仮面。

老人に声をかけ、障害のある人たちの手を取り、市のためではなく、人のために、全力で汗をかいてくれるキャラクター。

 

シラオ仮面は、2018年のゆるキャラグランプリで423位だったそうですが、正直、順位なんてどうでもいいし、そもそも、ゆるキャラであってもいいしなくってもいい。

ただ、熱を帯びて、何かしらの志を持って、ともに頑張ってくれるキャラクターとしての側面も、見せてほしいなと思っています。

 

私の今年の白岡マラソンの成績は39位でした(一般男子40代の部。64人中)

続きを読む 0 コメント

白岡についてのアイデアを、わかりやすく!!

今回の選挙から、選挙運動用ビラの頒布ができるようになりました。これまでも市町村長選では可能だったのですが、市議選ではこれまで、じつは許可されていなかったのです。

 

「自分が住んでる白岡って、本当にいい市なんだな」とみんなが思えるような街にするために必要な政策について、ここ数年、私は全力で考えてきました。

 

ビラは、そうした私の考えやアイデア、決意等をみなさんに知ってもらうための有効な手段の一つです。市議選での前例がないのでどう作成すればいいのかもわからなかったのですが、精一杯わかりやすく作成しました。

 

 

 

裏面と表面です。

続きを読む 2 コメント

2019選挙運動用ポスター

市中いたるところに選挙運動用ポスターが張り出されています。

ポスターを作るのは2度目ですが、初めて作った前回と同様、「こうしておけば良かった」という点がまたしてもあります。もちろん、顔と名前が一致する代表的な選挙グッズなので、今回も気持ちを込めて作りました。

下にあるのが、完成し掲示したバージョンです。

下に掲げるのは、前回いくつか試作したポスターのうち、ボツになったものです。赤バックが目立ちます。

2019年版ではバックの色を、清新な青に変更しました。色に込めた気持ちが、通じるといいのですが。

続きを読む 0 コメント

政治的方法について

またしても言葉が少し大きいのですが。


平成元年、私は学習院大学法学部法学科に入学しました。

この大学の良いところはいくつもあるのですが、私が2番目に好きな、この大学の特徴は、入学した学科以外の学科の授業を、比較的自由に聴講・受講できる点です。

私は法学科の専門科目以外の授業科目を、いくつか聞いていました。

 

そのうちの一つが、数学関連の授業でした。

学習院大学理学部数学科にはこの年、全盲の学生が入学していて、飯高茂という先生が、中心になって受け入れ態勢を整えたり、パソコンを利用して点字での授業履修や試験実施をサポートしていました。いや、より正確に言うと、「パソコンを利用して」という単純なものではなく、「パソコンを使って数式を点字翻訳・点字印刷するシステムを考案・構築し、研究者・指導者としてできることを最大限活用し学生の勉強を下支えした」というべきでしょう。

 

この飯高先生がある日、授業の中で言っていました。

正直言って、全盲の学生を受け入れて、きちんと指導できるのか不安でした。設備が整っているわけでもなく、前例が豊富なわけでもない。何もかも手探りです。ですが、必要な水準以上の学力を備えた学生が、入学し学びたがっている。それなら、受け入れることを前提にして、サポートすべきではないか。対応にもいろいろ不備はあると思う。でもそれを、まわりで支え、改善しながら、環境を少しずつ整えていくのが、我々のすべきことなのではないか。

すでに25年以上も前のことなので、そこまで正確な記憶ではありませんが、だいたい以上のような内容だったと記憶しています。

 

政治的であってもなくても、自分ですべきことを見つけてそれに取り組んでいく際に必要なのは、不備のない体制をあらかじめ用意することではなく、場合によっては拙速に陥るプレッシャーと闘いながら、それでも環境の改善に向けて、今、努力し続けることなのだと思います。

 

不備があっていいわけではありません。でも、そこだけにこだわってしまうと、先に進めない。ぎりぎりまで考えて、理想的な社会の実現に向けて、今、動く。それこそ、私がとるべき「政治的方法」だと思っています。

 

ちなみに、学習院大学の一番の良いところは、こうした少々「風変わり」な先生方が多数籍を置いて、学問に真摯に取り組みながら指導してくれる一方で、学生生活を本当に見守ってくれる点だと思います。

0 コメント

なぜ政治家を志すのか

「政治家を志す」なんて書くと、言葉が大きすぎるなと思う。

私にとって今回選挙に出る理由は、いくつか条例を提案し、制定したいという思いがあるだけだから。


私は長いこと出版社にいて、採用面接を担当することもありました。希望者の中には、「編集者になりたい」という人も、それなりの割合でいました。出版社に入りたい理由には、いろんなものがあるでしょう。

ですが、「編集者になりたい」より、「こういう本が作りたい」という人のほうが、やはり魅力的です。出版社に入るのは、あくまで本作りのための手段の一つであって、本当の目的はその後ろに控えている「作りたい本がある」「なんとか世に送り出したい」「こうした本を作って、たくさんの人に夢や楽しさを伝えたい」、そういったことなのです。


だから、「政治家を志す」と書くと、自分でも少しズレているのを感じます。


小学校のころにイジメられてる同級生がいて、それはイジメの原因ではなかったのかもしれないけど、その同級生の家は父子家庭でした。お父さんは気を配ってくれてはいたのでしょうが、男手一つで、料理も洗濯もきちんとやって、毎日仕事をして生活を支えるのは大変だったと思います。その同級生は、あまり着替えることをしませんでしたし、よくお菓子を食べていて、虫歯も多くありました。

かなりひどくイジメられていたと思います。


現在、イジメについては、各家庭でしつけられたり学校で教育されたりして、「やってはいけないこと」と生徒・児童もわかっているとは思います。そして親御さんや先生方がそうして努力しているように、父子家庭や母子家庭を、行政がもっと強力にサポートしていく社会に、自分はしていきたいと思っています。


安全で、安心できる社会、どんな境遇にあっても夢を見られる社会、それを目指して、私は今回選挙に出ています。

0 コメント

選挙ポスター

すでに市中いたるところに選挙ポスターが張り出されています。

はじめて作ったので、いろいろと「こうしておけば良かった」という点もありますが、顔と名前が一致する代表的な選挙グッズなので、気持ちを込めて作りました。

下にあるのが、完成し掲示したバージョンです。

じつはこのバージョン以外にも、いくつか作成してみてはいました。違う写真を使って、顔と名前のアピール力を高めようとしたものです。

続きを読む 0 コメント

立札および看板の類

「政治活動用事務所に係る立札および看板の類」(個人用)の証票が交付されたので、さっそく看板を設置しました。

立札および看板の類とはいっても、私のところのはただのシートなので、自宅玄関わきにあるエアコン室外機カバーの上にちょうど立てかけてあった三脚に掲示しただけなのですが。

ちなみに三脚の幅は、40cm弱です。

もう少し見栄えを良くしよう。

 

それと、ずっと置いたままになってる巨大な水鉄砲もきちんと片付けよう。

0 コメント

白岡を、こんな街にしたい!!画像版

先日、「白岡を、こんな街にしたい!!」として文章をいくつか掲載させていただきました。

その元となった、政治活動用パンフレットを載せます。

マンガも一部入っているので、文字だけよりは読みやすいかと思います。

0 コメント

45歳、粘り強く考える。

白岡市には、この土地に昔から住んでいて、長く地域の発展に貢献してきた人たちがいます。

その一方で、白岡市は都心へのアクセスも良好なうえ、戸建てやマンションも、安くはないけどけっして手に入れられないほど高いわけではないこともあって、引っ越してきて新しく住民となる人たちも増えてきています。「ベストではないけど、マイナスの要素は、目をつぶれるくらい」といった住環境なのです。


こうしたさまざまな人たちが暮らす地域では、昔ながらの考え方だけでは市全体の発展は望めず、逆に、新しく住民となった人たちの生活の便ばかり良くしようとしても、やはり市全体の隆盛は見えてこないでしょう。もちろんこれは、白岡市に限った話ではありませんが。



私は現在45歳です。

毎日のように、東京方面へ向かう宇都宮線に乗って通勤しています。



ですが、いたずらに「若さ」をアピールし、「都心に勤めるサラリーマンの気持ち」を代弁するつもりはありません。考え方も暮らし方も違う人たちがいて、市が成り立っているのですから。


すべての市民が暮らしやすく、安心して生活できる市政の実現に向けて、今後、粘り強く検討していきたいと思います。

ゆるキャラ

白岡市には、ご存じのとおり、梨のことならなんでも知っているという「なしべえ・なしりん」というキャラクターが前々からいるのですが、2015年からは「シラオ仮面」という新しいキャラクターが加わっています。

 

悪の組織とは戦わず、市内の清掃や介護施設のお手伝い、通学路の見張り等を行ってくれているそうです(Wikipediaより)。

 

YouTubeにも、小学生と一緒にダンスを踊る動画などがアップされているので、実物にお目にかからなくても、ほとんどの人が見知っているかと思います。

 

そのシラオ仮面を、私は今年の白岡マラソンで見かけました。いつから来ていたのかはわかりませんが、私が見たのは、会もだいぶ進み、走者もあらかた戻ってきたころだったと思います。

 

そのとき思ったのです。「シラオ仮面が走ってくれていたらなぁ」と。

もちろん、小学生なんかは、ただシラオ仮面と一緒に走れるだけで嬉しいでしょうし(もしかすると実際走っていたのかもしれませんが)、一般の部でも、「今年はシラオ仮面より早く走れた!!」といった、タイムとは違うバロメーターにもなりえるわけですが、私が考えていたのは、もっと別のことです。

 

私は自分が走り終えたあと、別の部で走っている人たちに向けて沿道から声援を送っていたのですが、さまざまな人たちが走っていました。

消防関係や介護施設の人たち、かなりの高齢にもかかわらず足を前に出し続けるご老人、そして何かしらの障害を抱えながらも頑張っている人と、それをサポートする人…。

 

勝手な言い分ですが、そこに、「シラオ仮面がいたらなぁ」と思ってしまったのです。真っ白なコスチュームが泥に汚れ、「中の人」のかいた汗が首元や胸に染み出し、荒い呼吸で走っている、シラオ仮面。

老人に声をかけ、障害のある人たちの手を取り、市のためではなく、人のために、全力で汗をかいてくれるキャラクター。

 

シラオ仮面は、2018年のゆるキャラグランプリで423位だったそうですが、正直、順位なんてどうでもいいし、そもそも、ゆるキャラであってもいいしなくってもいい。

ただ、熱を帯びて、何かしらの志を持って、ともに頑張ってくれるキャラクターとしての側面も、見せてほしいなと思っています。

 

私の今年の白岡マラソンの成績は39位でした(一般男子40代の部。64人中)

続きを読む 0 コメント

白岡についてのアイデアを、わかりやすく!!

今回の選挙から、選挙運動用ビラの頒布ができるようになりました。これまでも市町村長選では可能だったのですが、市議選ではこれまで、じつは許可されていなかったのです。

 

「自分が住んでる白岡って、本当にいい市なんだな」とみんなが思えるような街にするために必要な政策について、ここ数年、私は全力で考えてきました。

 

ビラは、そうした私の考えやアイデア、決意等をみなさんに知ってもらうための有効な手段の一つです。市議選での前例がないのでどう作成すればいいのかもわからなかったのですが、精一杯わかりやすく作成しました。

 

 

 

裏面と表面です。

続きを読む 2 コメント

2019選挙運動用ポスター

市中いたるところに選挙運動用ポスターが張り出されています。

ポスターを作るのは2度目ですが、初めて作った前回と同様、「こうしておけば良かった」という点がまたしてもあります。もちろん、顔と名前が一致する代表的な選挙グッズなので、今回も気持ちを込めて作りました。

下にあるのが、完成し掲示したバージョンです。

下に掲げるのは、前回いくつか試作したポスターのうち、ボツになったものです。赤バックが目立ちます。

2019年版ではバックの色を、清新な青に変更しました。色に込めた気持ちが、通じるといいのですが。

続きを読む 0 コメント

政治的方法について

またしても言葉が少し大きいのですが。


平成元年、私は学習院大学法学部法学科に入学しました。

この大学の良いところはいくつもあるのですが、私が2番目に好きな、この大学の特徴は、入学した学科以外の学科の授業を、比較的自由に聴講・受講できる点です。

私は法学科の専門科目以外の授業科目を、いくつか聞いていました。

 

そのうちの一つが、数学関連の授業でした。

学習院大学理学部数学科にはこの年、全盲の学生が入学していて、飯高茂という先生が、中心になって受け入れ態勢を整えたり、パソコンを利用して点字での授業履修や試験実施をサポートしていました。いや、より正確に言うと、「パソコンを利用して」という単純なものではなく、「パソコンを使って数式を点字翻訳・点字印刷するシステムを考案・構築し、研究者・指導者としてできることを最大限活用し学生の勉強を下支えした」というべきでしょう。

 

この飯高先生がある日、授業の中で言っていました。

正直言って、全盲の学生を受け入れて、きちんと指導できるのか不安でした。設備が整っているわけでもなく、前例が豊富なわけでもない。何もかも手探りです。ですが、必要な水準以上の学力を備えた学生が、入学し学びたがっている。それなら、受け入れることを前提にして、サポートすべきではないか。対応にもいろいろ不備はあると思う。でもそれを、まわりで支え、改善しながら、環境を少しずつ整えていくのが、我々のすべきことなのではないか。

すでに25年以上も前のことなので、そこまで正確な記憶ではありませんが、だいたい以上のような内容だったと記憶しています。

 

政治的であってもなくても、自分ですべきことを見つけてそれに取り組んでいく際に必要なのは、不備のない体制をあらかじめ用意することではなく、場合によっては拙速に陥るプレッシャーと闘いながら、それでも環境の改善に向けて、今、努力し続けることなのだと思います。

 

不備があっていいわけではありません。でも、そこだけにこだわってしまうと、先に進めない。ぎりぎりまで考えて、理想的な社会の実現に向けて、今、動く。それこそ、私がとるべき「政治的方法」だと思っています。

 

ちなみに、学習院大学の一番の良いところは、こうした少々「風変わり」な先生方が多数籍を置いて、学問に真摯に取り組みながら指導してくれる一方で、学生生活を本当に見守ってくれる点だと思います。

0 コメント

なぜ政治家を志すのか

「政治家を志す」なんて書くと、言葉が大きすぎるなと思う。

私にとって今回選挙に出る理由は、いくつか条例を提案し、制定したいという思いがあるだけだから。


私は長いこと出版社にいて、採用面接を担当することもありました。希望者の中には、「編集者になりたい」という人も、それなりの割合でいました。出版社に入りたい理由には、いろんなものがあるでしょう。

ですが、「編集者になりたい」より、「こういう本が作りたい」という人のほうが、やはり魅力的です。出版社に入るのは、あくまで本作りのための手段の一つであって、本当の目的はその後ろに控えている「作りたい本がある」「なんとか世に送り出したい」「こうした本を作って、たくさんの人に夢や楽しさを伝えたい」、そういったことなのです。


だから、「政治家を志す」と書くと、自分でも少しズレているのを感じます。


小学校のころにイジメられてる同級生がいて、それはイジメの原因ではなかったのかもしれないけど、その同級生の家は父子家庭でした。お父さんは気を配ってくれてはいたのでしょうが、男手一つで、料理も洗濯もきちんとやって、毎日仕事をして生活を支えるのは大変だったと思います。その同級生は、あまり着替えることをしませんでしたし、よくお菓子を食べていて、虫歯も多くありました。

かなりひどくイジメられていたと思います。


現在、イジメについては、各家庭でしつけられたり学校で教育されたりして、「やってはいけないこと」と生徒・児童もわかっているとは思います。そして親御さんや先生方がそうして努力しているように、父子家庭や母子家庭を、行政がもっと強力にサポートしていく社会に、自分はしていきたいと思っています。


安全で、安心できる社会、どんな境遇にあっても夢を見られる社会、それを目指して、私は今回選挙に出ています。

0 コメント

選挙ポスター

すでに市中いたるところに選挙ポスターが張り出されています。

はじめて作ったので、いろいろと「こうしておけば良かった」という点もありますが、顔と名前が一致する代表的な選挙グッズなので、気持ちを込めて作りました。

下にあるのが、完成し掲示したバージョンです。

じつはこのバージョン以外にも、いくつか作成してみてはいました。違う写真を使って、顔と名前のアピール力を高めようとしたものです。

続きを読む 0 コメント

立札および看板の類

「政治活動用事務所に係る立札および看板の類」(個人用)の証票が交付されたので、さっそく看板を設置しました。

立札および看板の類とはいっても、私のところのはただのシートなので、自宅玄関わきにあるエアコン室外機カバーの上にちょうど立てかけてあった三脚に掲示しただけなのですが。

ちなみに三脚の幅は、40cm弱です。

もう少し見栄えを良くしよう。

 

それと、ずっと置いたままになってる巨大な水鉄砲もきちんと片付けよう。

0 コメント

白岡を、こんな街にしたい!!画像版

先日、「白岡を、こんな街にしたい!!」として文章をいくつか掲載させていただきました。

その元となった、政治活動用パンフレットを載せます。

マンガも一部入っているので、文字だけよりは読みやすいかと思います。

0 コメント

45歳、粘り強く考える。

白岡市には、この土地に昔から住んでいて、長く地域の発展に貢献してきた人たちがいます。

その一方で、白岡市は都心へのアクセスも良好なうえ、戸建てやマンションも、安くはないけどけっして手に入れられないほど高いわけではないこともあって、引っ越してきて新しく住民となる人たちも増えてきています。「ベストではないけど、マイナスの要素は、目をつぶれるくらい」といった住環境なのです。


こうしたさまざまな人たちが暮らす地域では、昔ながらの考え方だけでは市全体の発展は望めず、逆に、新しく住民となった人たちの生活の便ばかり良くしようとしても、やはり市全体の隆盛は見えてこないでしょう。もちろんこれは、白岡市に限った話ではありませんが。



私は現在45歳です。

毎日のように、東京方面へ向かう宇都宮線に乗って通勤しています。



ですが、いたずらに「若さ」をアピールし、「都心に勤めるサラリーマンの気持ち」を代弁するつもりはありません。考え方も暮らし方も違う人たちがいて、市が成り立っているのですから。


すべての市民が暮らしやすく、安心して生活できる市政の実現に向けて、今後、粘り強く検討していきたいと思います。